日頃からムダ毛の処理方法に思い悩んでいる女性は数多いものです。仕事や家事で忙しくしている人にとって毎日の脱毛ケアはとても煩わしく思えてしまうことでしょう。特に腕毛に関してはどうにかして確実に毛量を減らしたいと願っている人も多いはず。そんな時に真っ先に思いつくムダ毛を薄くする方法としては、抜くという選択肢が挙げられます。

ただし、この場合には注意も必要です。抜くと言っても毛抜きやピンセットを使って抜いたりすると思わぬトラブルを引き起こす可能性が高まるからです。ムダ毛は毛穴から生えているとはいえ、互いに密接に結びついている部分も多いことから無理矢理引き抜こうとすると、張力の関係上、ムダ毛と共に毛穴部分が隆起してしまいます。こうしたことから肌にポツポツと隆起が残った状態に陥ることも少なくありません。それに無理矢理抜くと皮膚表面が厚くなり、後々生えてくるムダ毛が埋もれ毛になってしまうこともあり得ます。

こうしたトラブルを防ぐためにも、もしも腕毛を抜いて薄くしたいのであれば、専用の脱毛器などを購入して肌に負担のかからない状態でムダ毛を除去していくことを心掛けなければなりません。一つ間違えば、せっかく美容のためにやっていることが逆に裏目に出てしまうこともあるので注意が必要です。

抜くことのメリット・デメリット

腕毛は何かと目に入ってくるムダ毛です。服の袖をまくって洗い物をしている時、夏になって袖の無い服を着ていたら、気になってしまいます。
女ならできれば腕毛はきれいにしておきたい個所です。
しかし、カミソリでそったり、除毛クリームを使って処理をしたりしても、すぐに黒いムダ毛が生えてきてしまいます。そうなるとこまめに処理をしていかなくてはいけません。少し忘れていると、あっという間に5ミリぐらい生えてくるのです。
そこで腕毛を薄くする方法は、ムダ毛を抜くことです。一度抜いてしまうと、次に生えてくるまで、カミソリでそった時よりも時間がかかります。その分こまめにしなくても大丈夫です。
抜く道具としては毛抜き、電気脱毛器、ワックスなどがあります。
抜くことのメリットとしては、毛が次に生えてくるまでの時間を稼ぐことですが、やはりデメリットもあります。
それは、痛いことです。痛くないといわれている道具もありますが、カミソリでそったりするのと比べると、やはり痛みはあります。
それに無理やり抜くので肌に炎症を起こす場合もあるので、抜き終わったら肌を冷やして炎症を抑えます。それと毛が皮膚に埋まってしまう埋没毛になってしまう場合もあります。

腕毛を薄くする方法:剃る

ごく普通に生活されていれば、身だしなみや格好、ファッションといった自らをきれいにかっこよく魅せたいと思うことはほとんどの方がそう考えているのでしょう。また、とくに女性は男性よりもシビアで、自分のありとあらゆる箇所をくまなく観察しており、常に気を配っているのです。そんな中、近年では男性が女性より傾向で女性が男性より傾向にあることも最近の統計でわかっており、こういった背景には、草食系男子の増加や亭主関白の減少、かかあ天下の増加などが大きく関わっているのでしょう。
そこで、腕毛や体毛の処理にお悩みの方はたくさん増えているのです。
それでは、腕毛を薄くする方法としてカミソリなどで剃るのはいかがなものなのでしょうか?それは、カミソリなどで剃るとそのときは良いのでしょう。しかし、後のことを考えると毛自体が濃くなったり伸びてしまったりしてしまうからだと言えます。だから、腕毛を薄くする方法としてカミソリなどで剃ることは避け、食生活の改善やストレスなどといった違う対策をとる方がベストなのです。
ですから、人は生きていればさまざまな箇所に毛が生えてくることは避けられません。しかし、避けられないことでも対策としてとることは可能となりますので、上記にあげたことなどに気をつけて無理のない脱毛方法に努めて下さい。

剃ることのメリット・デメリット

ムダ毛を気にしない女性はいません。個人差はあるものの、誰しも自分のムダ毛をどうにかして処理しているものです。ムダ毛を薄くする方法には色々ありますが、意外に自分で処理をしているという人も少なくありません。サロンに通う費用や時間を節約したいという人たちです。
たとえば腕毛を処理する場合、カミソリで剃っているという人もいます。カミソリで剃るメリットは、なにより、安く済むという点です。除毛クリームよりも安く、またサロンの費用とは比べ物になりません。また、最近では3枚刃や5枚刃などというものが出回っており、少しでも肌を傷めないようにとの工夫もなされています。腕毛などは広範囲ですから、これを短時間で剃りあげることができるのは効率的と言えるでしょう。
しかし、デメリットもあります。なにより、刃物です。うっかり傷つけてしまうこともあります。また、カミソリが剃り上げるのは、何もムダ毛だけではありません。肌に必要な角質なども一緒に剃ってしまうのです。角質はタンパク質でできていますので、カミソリの刃の間にそれが詰まることによりバイ菌が繁殖します。その刃を使ってまたムダ毛処理をするわけですから、肌トラブルになっても不思議ではありません。
剃るという方法は、メリットもありますが、こうしたデメリットも目立ちますので注意しておきましょう。

腕毛を薄くする方法:サロンなどで脱毛する

男性ならあまり気にしない腕毛でも、女性なら気にすると思います。
腕毛を薄くする方法は、いくつかの方法があります。

例えば、脱色。これは文字通り、毛の色を抜くことですが、
逆に毛が光って目立つので、あまりお勧めできません。
次に脱毛ですが、自分で抜く方法と、サロンなどで脱毛する方法があります。
まず、自分で抜くのは、量もさることながら痛みも強いです。
そのため、こちらもあまりお勧めできません。

やはり一番手早いのがサロンでの脱毛です。
施術料金はサロンにもよりますが、一回一万円程度でしょうか?
痛みは多少チクッと冷たさを感じるくらいで、自分で抜くことに比べたら、全く痛くありません。

施術回数ですが、これには個人差があります。
2回目くらいから目に見えて効果があらわれます。
量とともに、毛自体が細くなるので、生えていても目立たなくなります。
完全になくしたいのであれば、5回くらいは行わないといけないでしょう。

自分で処理することに比べると、お金はかかりますが、処理する手間や、
気にしなくてはいけない煩わしさを考えると、断然サロンで処理してもらう方がいいでしょう。
一度処理してしまえば、ほぼ一生続くのですから、長い目で見れば安いかもしれません。

vio脱毛京都のおすすめサロン